ビットコインってなんなのさ?いまさら聞けない仮想通貨

既存通貨の常識を打ち破る存在

ビットコインは、インターネットで決済に利用できる通貨の一つです。クレジットカードなどでもインターネットの決済は可能ですが、あくまでも既存の通貨を利用しているところが大きな違いです。クレジットカードなどは口座からお金を出すための扉のようなものであり、日本であれば円を使っていることに変わりはありません。
ところがビットコインを含めた仮想通貨はそれが独自の貨幣になります。インターネット国で用いられる通貨と言うとわかりやすいでしょうか?独自の通貨であるという事は、円やドルなどと同じように為替の概念が当てはまります。最近はビットコインの値上がりが報道されていますが、「円安ドル高」のように、「円安ビットコイン高」というような状況なのです。2016年から価格が急上昇を続し、ついに1万ドルを超えました。

なぜこんなに値段が高騰しているのか

通貨の値段はそこにどれだけ世界の富が集まるかで変わってきます。その通貨が受け持つ富を1単位ごとに割り当てたものが通貨の価格になります。既存の通貨では流通量を変えることで過度な価格高騰や下落を抑えていますが、ビットコインは発行主体が存在しないことから中央銀行の概念がなく、流通量を増やしていません。
そして急速に広まるIT化の波が重なり、中国やイギリスなど、自国通貨の価値に不安を持つ国の投機マネーが流れ込んでいるのです。特に中国は経済成長が減速してきており、これまでに高騰した通貨の価値が暴落することを懸念する声が出ています。資産の退避先として、将来性のあるビットコインは良い投資対象になるのです。IT化がひと段落するまでは通貨としての利用価値が増えることになりますので、すぐには高騰は終わらないでしょう。